HOME»  女性に贈ることば365日»  女性に贈ることば365日~4月~

女性に贈ることば365日~4月~





 
 
4月1日
苦労さえも美しさに変えるような生き方とは何か、
それは、自分の人生を愛おしみ、
一日一日を丁寧に生き、
一生を自分らしく仕上げていくことではないか。
その人には愚痴がないし、
いつまでも若々しい心の張りがある。
心の張りは健康もつくっていくものである。
 
4月2日
踏まれても、踏まれても負けない秘訣!
それは、自身の人生の根っこを
何ものにも揺るがぬ深さまで張ること。
地に足をつけて前向きに頑張ること。
 
4月3日
前を見よ、
後を見るな、
前には、
希望と勝利と栄光の人生がある。
 
4月4日
今いる場所で、
自分自身に負けず、勝ち抜き、
人と比べることなく、
自分自身の誇り高き使命の道を実直に前進する。
素晴らしい行為と思う。
 
4月5日
どんな大人であれ、
どんな子供であれ、
その人にしか果たせない使命がある。
誰しも、何かの才能の芽をもっている。
その芽を伸ばすための最高の養分は信じること。
人によって早く芽吹く人もいれば、
時間がたってから急に芽を出す人もいる。
いつかは、必ず才能の芽が伸びると信じて、
根気強く励まし重ねていくことである。
とくに、子供に対してはそうであってほしい。
 
4月6日
自分を産み、育ててくれた母。
昼も夜も、休むことなく働き続けてきた母。
いつもは口うるさくても、
いざという時は必ず守ってくれた母。
最大に称賛し感謝の心を贈りたい。
 
4月7日
いい言葉は、いい人生をつくる。
いつも私は「言葉の力」を味方にしてきた。
 
4月8日
「ありがとう」を多くいうとストレスが少なくなる。
やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でも、
ずっとずっと心にこだまする。
 
4月9日
天使が飛べるのは、
気をラクにもっているから。
 
4月10日
私は、新人を雇用する時に必ず聞く言葉がある。
「あなたは運のいい方ですか?悪い方ですか?」と。
「とてもいいほうだと思います」と、
答える人を優先的に採用する。
どんな人の人生にもアップダウンはある。
そこに違いはない。
違いが分かれるのは、
それを「運が悪い」ととらえるかどうか。
運が悪いと思い込む人は、
周囲まで、会社までを悪い運に巻き込んでしまう。
それが、私の質問の理由である。
 
4月11日
人生が、ねじれ絡まってもう動けないと思った時、
ようやく絡まっていた糸のかたまりがほどけ始める。
あとは残りを自分でほどいていけばいい。
ほどいた糸で、
また新しい人生をつむんでいけばいい。
 
4月12日
逆境に負けない真の強い自己を築くカギは、
貫くこと、徹すること。
 
4月13日
周囲の環境に感謝し、
礼儀を重んじること。
そして年長者を敬い、
人の見ていないところでも
手を抜かず、どんな時も
努力を積み重ねること。
 
4月14日
よい環境はよい人間をつくる。
自ら、そうしたよい環境、
よい人間のつながりを求めていく人は、
かぎりなく伸びていける。
 
4月15日
誰しも転ぶことはある。
転んだらまた立ち上がればいい。
立ち上がってまっすぐ前を向いて
進んでいけばいい。
 
4月16日
「ありがとう」は奇跡の言葉である。
口に出せば元気が出る。
耳に入れば勇気が湧く。
 
4月17日
悪い感情は話さず書こう。
書いた紙はしまい込もう。
人間、暇になると悪口をいうようになる。
悪口をいわない程度の忙しさは必要。
 
4月18日
気配りに、
「今度」という言葉はない。
 
4月19日
人間、馬鹿は構わない。
たが、義理を知らないのは罪である。
 
4月20日
鋭敏な感覚
的確な判断
迅速な行動
 
4月21日
どうして人は、
自分の欠点を正そうとせず、
他人の挙げ足をとろうとするのだろうか。
 
4月22日
悲しくて、悲しくて、
心で表し尽せないほど悲しくて。
それでも、前を向いて歩いていく。
必ず報われる時が、必ず来るから。
 
4月23日
「チャンスさえ来れば」と思っていると、
チャンスはやってこない。
自ら進み!自ら掴む!
 
4月24日
挑戦の魂に行き詰まりはない。
「幸運は挑戦する人にこそほほ笑む」
すべては行動から始まる。
行動を開始すれば知恵が湧く。
 
4月25日
励ましてあげれば子供は自信をもつようになる。
広い心で接すればキレる子にはならない。
誉めてあげれば明るい子に育つ。
見つめてあげれば子供は頑張り屋になる。
親が正直であれば、
子供は正直であることの大切さを知る。
 
4月26日
いい言葉は、いい人生をつくる。
いつも私は「言葉の力」を見方にしてきた。
 
4月27日
他の人には当たり前のようなことでも
自分には分からなかったり、出来なかったりすると
誰でも落ち込んでしまう。
しかし、大切なのはそこからどうするかである。
何事も最初から完璧な人などいない。
つまずいたら、
「よし頑張ろう」「さぁこれからだ」と、
立ち上がればいい。
 
4月28日
子供は親に誉められた面を伸ばしていく。
長所を褒めれば、
子供は肯定的な自己像を
形成してゆくことができる。
自信は子供の将来をも決める。
 
4月29日
人を動かすには耳を働かせること。
人に好かれるには口を動かすこと。
声を聞き、話をすることが、
人間関係を保つうえで大切なこと。
 
4月30日
人一倍の苦労をすればこそ、
人の痛みが分かる人間になれる。
何の苦労もせず、
人の心が分からないままで、
社会の本物のリーダーになることなどできない。




 
     
             
     
             
     
             
             
             
             

 

Copyright (C) 2013 FORTUNE All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】